古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

本を森と交換してもらった たもかく 本と森の交換

会社の飲み会でよく使っていた居酒屋が閉店することになりました。寂しいもんですね。

少し前に古本と森を交換する準備をしたのだが、それから2週間後、古本と森の交換証が届いた。大きさはB5です。

これで私もついに土地持ちということになります。私の土地は「福島県南会津郡只見町大字大倉字餘名沢」のどこか。

地図で見てみましょう。たぶんこの辺り(誤差は半径1kmくらい)ではないかと思う。区分図も送られてきたけど、見てもよくわからなかった。こういうのをGoogleMapあたりで教えてくれるとうれしいのですが。


大きな地図で見る

一坪(3.3m2、畳2畳分)だからこそ、小さいからこそ、ピンポイントで見てみたいんだよね。こういうのは広い土地を持っている人にはわからない感覚ではないかと思う。

39冊(定価の総額で39,246円)を送って評価額は3340円。評価対象にならなかったのは3冊で日焼けがその理由。こういうのをちゃんと教えてくれるのはいいですね。

2坪の森との交換を目論んだが、ちょっと足りなくて1坪になってしまい、残りは交換券1590円分になった。もうちょっと本を足して2坪を目指そうかと思っている。

実際にやってみて、家にある本を古本屋に売るのもいいけど、こういう形で手放すのもおもしろい。送料を考えると出て行くお金のほうが多く感じるかもしれない。けれど「それでもいいや」と思えるサービスだ。

この話題に関するブログ

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.