古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

古本市の話題性 歴史誇る銭湯で古本市

今日は久しぶりに雪を見ました。埼玉に移って1年と少し、雪をなつかしく感じるようになりました。

さて、少し前の話題ですが、とりあえず動画をどうぞ。

主催はわめぞ。この集団はいろんなことをやっている。以前このブログで紹介した「鬼子母神通り みちくさ市」もそうだ。ニッチな分野でがんばってるなあと感心する。

銭湯での古本市というのは、よくよく考えれば場所が珍しいだけである。けれどもこれだけインパクトがあると効果も違うんだろうな。だいたい銭湯なんて本の敵みたいな環境だが、それをものともせずにやってしまうあたり、只者ではないですね。

古本市っていうのは古本を売っているだけである。だからこそ付加的なインパクトが重要だ。近頃流行ってきている(と思う)一箱古本市や、海外の古本市ではあるが「世界一長い古本市(MODERNFORM)」というのもある。

話題性を狙うというのは重要だよね。やりすぎるとドン引きになってしまうけど。

前述の動画によると、この銭湯での古本市は4月と10月に開催するみたい。行ってみたいなあ。・・・と思ったら、今日来た早稲田古本村通信に次回の日程がありました。月の湯古本まつりは2010年4月4日だそうです。

この話題に関するブログ

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.