古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

万馬券どころではない 話題:トイレにあった「種の起源」初版本、1500万円で落札

ロイターのウェブサイトに種の起源種の起源 の初版本が1,500万円で落札されたというニュースが出た。

トイレにあった「種の起源」初版本、1,500万円で落札
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-12622220091125

元手となった数シリングが日本円でどのくらいかと言うと、20シリング=1ポンド=150円とすると、ま、50円とか100円ですかね。それが1,500万円=10万ポンド=200万シリング・・・、万馬券どころではない。

二匹目のどじょうを狙いたいところだが、海外の本だとまずムリだね。そこで「種の起原」の日本語訳は・・・、Wikipediaによると「生物始源」という本らしい。写真は「三池カルタ・歴史資料館」のウェブサイトでどうぞ。みつけたらいくらになるのかはネットで調べた程度ではわかりませんでした。

本好きなら売らずにコレクションにするのだろうか。私なら絶対に売る。つまり、それほど本好きではないのかもしれません。それとも貧乏なだけか。orz

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.