古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

浦和宿古本いちへ寄り道 買った本:私説博物誌

今日は暖かかったですね。午後、顧客のところへ打ち合わせに行ったのだが20分くらい歩いていった。気持ちが良い。

今日は仕事を早めに切り上げて本屋へ向かったのだが、途中浦和宿古本いちへ吸い寄せられてしまった。18時頃だったがすでに空は暗く、会計のテントにはビニールの覆いがついていた。そろそろ冬ですね。

浦和宿古本いち

本を一冊買って、気がついたら本屋にいくのをすっかり忘れてしまっていて、戻るのもメンドウだからそのまま帰宅。まったくもって本末転倒だよね。

今日、買ったのは一冊。

この本は函入りだったのだが、開けてみたらなんとフランス装だった。もっと驚いたのが、最後の折丁だけ切ってあることだった。買った人はどうするつもりだったのだろうか。

装丁は安彦勝博という人だそうで、ネットで調べてもあまりよくわからなかったのだが、表紙のヴィネットヴィネット がいい感じだ。

グラシン紙はボロボロなので、そのうち包み直してみようか。そうそう、ペーパーナイフも買わないと読めないよね。 😉

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.