古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

出版社側も一枚岩ではないようだ 話題:コルシカがサービス縮小

2009年10月7日にサービス開始で、翌日8日にクレームがついてサービス縮小になったのが、「雑誌スキャンサービス」とでも言うのかなコレ、コルシカだ。

オンライン雑誌閲覧サイト「コルシカ」、一時サービス縮小へ
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091009_320745.html

コルシカのサービスとはFAQによると

「コルシカとは、デジタルデータ付きの雑誌を取り揃えたオンラインストアです。いつでもどこでも、雑誌の情報を検索/閲覧/管理できることが気軽にできるサービスです。」

で、ビジネスロジックは

「ユーザーに販売する数量の雑誌をあらかじめ取次を通して購入。そのうえで雑誌をスキャンし、取次から購入した雑誌の冊数だけをスキャンしたデータをユーザーに販売する」

というものだ。

ユーザーからすると、なんとなく便利そうではあるが、一方で限りなくアヤシイ感じもするサービスだ。

どういうところがアヤシイのかはスラッシュドットの記事「雑誌を購入すると、スキャンしたデータをネットで閲覧できるようになるサービス「コルシカ」」にいろんな意見があるので、興味のある方はどうぞ。

今回の一件で興味深いのが、そのままサービスの継続を望む出版社があるというところだ。出版社側も一枚岩ではないということか。こういうズレが新しい流れを生むキッカケとなるのではないかと思う。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. 黒猫屋
    2009年10月13日 火曜日 07時56分

    グーグルのブック検索と一緒で、著作権持ってる側にひと言のことわりもなく始めちゃったのがマズかったかな、と。
    もっとも声をかけたらかけたで、潰されちゃったでしょうけれど。

  2. 管理人
    2009年10月13日 火曜日 22時48分

    黒猫屋さん

    >もっとも声をかけたらかけたで、潰されちゃったでしょうけれど

    そうそう、そうなんですよね。結局、拒否反応ってどうにもならないと思います。いつの時代もクロフネがこないと変わらないのかもしれません。

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.