古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

持って歩く気になれれば便利かな カメラ付き携帯用 おもしろれんず 寄って寄って撮れる MPL-PX

私が使っているiPhoneはカメラがついているけど性能はイマイチだ。iPhoneを買った当初は便利だと思っていたが、いまはTwitterで投稿する以外はほとんど使っていない。

寄ってとれないのもその欠点のうちの一つで、QRコードがあっても大抵読み込めない。iPhoneのケースにマクロ用のレンズがついているものもあるが、ストラップホールがないので買う気になれないでいる。iPhoneのケースはストラップホールがないのが多いけどなんでだろうか。

ま、それはともかく、ネットでケンコーが出している「カメラ付き携帯用 おもしろれんず 寄って寄って撮れる MPL-PX」というのを見つけたので買ってみた。商品名はもっと短くならないものか。

カメラ付き携帯用 おもしろれんず 寄って寄って撮れる MPL-PX パッケージ

本体はこんなだ。色がねえ・・・。

全体

レンズ部分。フタを取った状態。

粘着部分

オレンジの円形の中央がレンズで、その周りに筒状のシリコンがある。そこばネバネバ、っていうと感じ悪いが、粘着力があり携帯電話本体にくっつけて使う訳だ。奥側のがフタで、粘着力を利用してフタを固定する。粘着力は結構あるし汚れたら洗えば良いようだ。

ただ、このフタが結構クセもので、使用中はブラブラして撮影の邪魔になることが結構あった。カメラの傾け方によってはレンズの貼り方を工夫する必要があるね。

iPhoneにつけてみた・・・、のだが、私は普段シリコン性のケースに入れているのでくっつきにくい。試しにケースを外して直に貼ったらちゃんとくっついた。使っていない手持ちのプラスチックケースでも試したが、ちゃんとくっつくいた。ゴムっぽいものでなければ大丈夫だと思う。

くっつけてみたところ

ただねえ、このケースはストラップホールがあるから長く使っている訳で、いまさら他に乗り換える気もないのでこのレンズはお蔵入りとなりそうだ。ま、安かったらからいいけど。

総括すると、小さいし便利は便利だが、持って歩く気になるかどうかがポイントになりそう。お世辞にもカッコイイとは言えない。持って歩く気になれるなら便利だと思う。

最後に撮影した写真をどうぞ。写りは悪くないと思う。全般的に写真がイマイチで申し訳なし。

新聞を写してみた

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.