古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

読んでも生き残る自信はわかないよ 書評:この方法で生きのびろ!

念のためお断りしておくが、私はいま、死にそうなわけではない。

本書では特殊な状況において生き残るための知識を与えてくれる。本書の知識が役に立つ状況が来るかどうかはわからない。けれど本書で得た知識はあまり役に立たないような気がする。だって、本書で扱っている状況があまりに特殊だし、対処法に出てくる設備はたぶん用意していないと思うからだ。

一方で、この特殊さは、正直笑える。どれほど特殊かは、Amazonのなか見!検索で目次を見てほしい。この本を買ったのもひとえに目次を見て、思わず笑ってしまったからだ。

目次もおもしろいが、中には対処する手順が笑えるものもある。どこまで本気なのかわからなくなりそうだ。もちろん著者は大マジメなのだが、かなりマズイ状況を淡々と説明している様子にどうしても笑ってしまうのだ。

いつか私も死ぬのだが、それまでに死にそうな経験をすることがあるのだろうか。正直それは望まないが、私の周りにはそういうい経験をした人は何人かいる。どれも乗り物がらみだ。やっぱり、私も乗り物がらみで死にそうになる可能性が一番高いだろうな、と思う。

一方、山や海にでかけてマズイことになる場合だってあるだろうが、楽しむために行くのに「遭難したら・・・」なんてことを考えて準備をするのは本末転倒な気もする。だいたいそんな高い山なんか行かない。もともと私は海は苦手なので海もあまり行かないと思うし、豪華客船で旅をするというのは、諸般の事情・・・、見栄はってスミマセン、お金がないのでそういう機会もないだろう。

動物に襲われる、ありそうだ。青森だと、クマ、ヘビ、スズメバチ・・・、十分ありうる。やっぱり山奥には行かないにこしたことはない。町中でチマチマ暮らそう。

銃で撃たれる、というのはたぶんないな。

殴り合いのケンカになって打たれどころが悪くて死ぬ。ありそうだ。せめてノックアウトぐらいにできないだろうか。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. […] としては「自分の身は自分で守る」につきる。そのための設備や考え方を書いている。以前紹介した「この方法で生きのびろ!」よりはいくぶん現実的な状況を想定しているように思う。 […]

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.