古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

著者の主観が前に出過ぎ 書評:東電OL殺人事件

1997年の東電OL殺人事件東電OL殺人事件 、昼間は東京電力のOLとして働き夜は新宿で売春をしていた女性が絞殺された事件である。裁判はまだ継続中のようだ。事件そのものについてはWikipediaを参照して欲しい。

佐野眞一佐野眞一 は好きなんだけどなあ。確かに相当数の取材もしてるようだし、そういう意味では佐野眞一なんだろうけど、読んでみれば最初から最後まで著者の主観が前に出過ぎていると思う。

佐野は容疑者のネパール人男性を無実だと考えている。最初から最後までその論調は変わらない。それが絶対にダメだとは言わないが、本書では容疑者の無罪を強調しすぎていると思う。因縁とか暗合とか、そういうのも多すぎる。隠し味程度に使うなら良いけど、本来、事件とは何の関係もないでしょ、そんなこと。

こういうルポにおいて、ルポライター自身が容疑者の有罪無罪を信じることが必要なのだろうか。もちろん事件を追う上で避けられないことかもしれないが、それはあくまで取材をし、それによって得た積み重ねの延長でなくてはならないと思う。

遠くネパールの地にまで取材にいきながら、取材相手に「ここは容疑者のアリバイにとって非常に重要、無実の裏付けとなる。それは本当か?」と口に出して言ってしまう取材はマズイいのではないだろうか。(本書によると)警察が容疑者にしていることと大して変わらない。

著者はプロローグで、事件の真相に近づくことによって被害者の無念を晴らし魂を鎮めたい、と書いている。

容疑者が無実なら、容疑者を通して事件を追っても事件当日のことは何もわからない。まして、被害者を慮ることなど原理的に不可能だ。無実の罪で疑われた容疑者にはまことに気の毒ではあるが、真犯人追求の一つ手前の段階にしかなるまい。

加えて被害者家族が取材に応じないとなれば、いったい何をどうしたら事件の本質に迫れると言うのだろう。本書が理論上迫れることは「容疑者に容疑を持つまでに至った警察の考え方や行動原理」などに限られると思う。そのせいか、本書にある裁判上の経過は興味深い。

結局、被害者家族が取材に応じないという大きな壁を乗り越えられなかったために、また、最も多く取材できた相手が容疑者であるがために、全体を翻ってみれば、ある種の歪みが生じている感が拭えなかった。本書は雑誌への連載が元になっている。そのことが多分に影響しているような気がする。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.