古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

わからん、わからん、わからーん! 書評:家族シネマ

本書は第116回芥川賞芥川賞 受賞作である。芥川賞とは「純文学の新人に与えられる文学賞」、で、純文学純文学 は「商業性よりも芸術性・形式に重きを置いていると見られる小説」ということになっているようだ。

パチンコ店からリストラされた月収80万の父、別居して別の妻子持ちとつき合っている母、AVにも出たことがある女優くずれの妹、28歳の弟はテニスとロリコンが趣味の現役大学生、主人公の女性はというと仕事上付き合いのある年寄芸術家に尻の写真を撮られるという妙な関係になる。このすでに崩壊している家族が妹の希望で映画に出演することになり、その撮影の経過とともに浮かび上がってくる家族の複雑な内面が描かれている、とでも言えばいいのだろうか。

読んでいて疲れる作品だった。設定もちぐはぐな印象が残る。できあがるであろう映画は全然見たいと思わない。突飛な設定でもその世界観に引き込んでくれるのならいいのだが、最後まで中に入り込めなかった。私がそれを拒否したのか、作品に引き込む力量がないのかよくわからない。他の人どうなんだろ、と思ってアマゾンの書評を見たら皆同じようなことが書いてある。

本書は芸術性なり形式なりが優れているのだろうか。どこかこう、高いカメラ位置からの顔のクローズアップを多用する映画みたいだ。私にはこういう分野の映画はひとくくりになっている。10年くらい前の日本映画やヨーロッパ映画に多かったのだが、「変人の恋愛=純愛」なんて感じの「変人をゼロにした妙な尺度」を持ち出した一連の作品群だ。わかりにくいか。

芥川賞の選考委員は私なんかよりずっと文学に通じているはずだ。そんな人たちが芥川賞に推した理由が全然わからん。それほど芸術性にすぐれているのか、これは。わからん、わからん、わからーん!

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. 五月
    2009年03月09日 月曜日 01時46分

    柳美里はあまり好きじゃないす。辻仁成と並んで。
    林真理子とか、渡辺なんたら失楽園とか、生きてる世界が違う人の小説読んでもしょーがない、ていう風に思ってるので、最初から手は出ませんねぇ…。

  2. 管理人
    2009年03月09日 月曜日 21時24分

    五月さん

    >生きてる世界が違う人の小説読んでもしょーがない

    そうか、住む世界が違うのか。それじゃどーにもならないな。辻仁成と言えば、ときどき古本屋で江國香織とセットの「冷静と情熱の間」を見かけて買ってみようかと思うときがあるのですが、今後は気をつけようと思います。しかし恐いもの見たさというのもあるしなあ。

  3. しゅう
    2009年03月10日 火曜日 20時34分

    奇抜な設定には意味があると思っていますよ。

    変人の恋愛を奇妙だと感じる管理人さんがいるなら、
    管理人さんの恋愛を奇妙だと感じる変人もいるでしょう。
    それは奇妙さにおいても、不可解であることにおいても等質かな、と。

    だったら二つの等質なものの根底に流れる「何か」を感じるには、
    普通の人である読者にとっては、普通の人の何かよりも、
    変人の何かの方が、感性が研ぎ澄まされるかも。

    もっとも書く人の腕次第ではあります。

    生きてる世界も住んでる世界も、
    一番親しい誰かも含めてみんな違う…かもよ?

    怖いモノを見るのは大切。
    怖い目に遭いさえしなければ♪

  4. 管理人
    2009年03月10日 火曜日 22時23分

    しゅうさん

    >変人の恋愛を奇妙だと感じる管理人さんがいるなら、

    いや、私は、「これこそが純愛!」とでも言いたげな「こちら側のモノサシで計るような撮り方」に抵抗があるんだよね。

    変人もそうでない人も、人それぞれに純愛はありうる。つまり、純愛であることに変人であるかどうかは無関係、ということで、変人であることを純愛の根拠とするような撮り方に抵抗がある、ということなのよ。

    そろそろ飲みに行くか。

  5. しゅう
    2009年03月11日 水曜日 09時39分

    > そろそろ飲みに行くか。

    仕事のリリースがもうそろそろなので、それを過ぎたら飲みたいですね~
    今はまだ、プライベート的冬眠期間?です。

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.