古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

こういう文章がすごく苦手 書評:わたしの絵本体験

プリンターを買おうと思っているのだが、場所だのなんだのでまだ決まらない。正直メンドウになってきたのだが買わない訳にもいかず、困っている。あー、もっと広い家に住みたい。

さて、本書は書名の通り著者の絵本体験が綴られている。著者の願いは「親が子供と一緒になって絵本の世界に足を踏み入れ、子供に絵本を読んであげてほしい」であり、著者と同様の絵本好きであれば誰もが同意するに違いない。「著者と同様の」というところがポイントだ。

私自身、著者の絵本に対する気持ちはおおむね理解もできるし賛成もする。本書で紹介されている絵本の数々も非常に魅力的だ。ただ、私はこういう文章がすごく苦手である。ときどき見かけるタイプの文章で、見掛けるたびに「ああ、またか。」という気持ちになり、読む気力が急激に萎える。

ちょっと表現が難しいのだが、このタイプは「味方には賛成してもらえるが、敵には賛成してもらえないどころか、ますます敵意を強くさせる文章」とでも言おうか。敵味方なんて表現はちょっとぶっそうかもしれない。

このタイプに共通するのは、気持ちが強すぎるということである。また、決して悪意がないであろうことも共通している。内容が非客観的だ、ということではない。主観的であることは一向差し支えない。うー、うまく表現できない。

私はむかーし、あるネットコミュニティ内のある特定分野でボードリーダーをやっていたことがある。そのときのコミュニティの責任者がまさにこのタイプの文章を書く人だった。自分と異なる意見の相手に対する懐が極端に狭く、その一方で自分の意見は気持ちを込めて言葉丁寧に説明する。それは、一度ボードが炎上してしまうと、いくら一生懸命文章を書いて説明しても火に油をそそぐ結果を招く。当人も困惑し、相手も気持ちが治まらない。幾度か説明を試みたが、しまいには私もガマンができなくなってしまい退会してしまった。

このタイプの文章を読むとき、極端に譲歩しなくてはならない状態に私は陥ってしまう。相手の本懐を理解するまでガマンにガマンを重ねなくてはならず、とても疲れるのだ。内容の善し悪しではなくて、文章の書き方、表現手法・・・、うーん、違う。いまの私にはこれ以上の表現ができない。

なーんか、小難しい話になっちゃったね。疲れたでしょ。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. 晋也
    2009年02月15日 日曜日 03時22分

    あるある。気持ちよくわかります。

    って… 僕が言うのもなんですけど●
    「あ~わかるわかる」ってすぐ言う人、結構信用できないですよね。
    「あ~僕も昔はそうだったよ」って言う人も同様。

    話がそれてしまった…

  2. 管理人
    2009年02月15日 日曜日 07時26分

    晋也さん

    遅くまで制作でしょうか、おつかれさまです。芸術もそうではないかと想像するけど、本って著者から読者への一方通行のようでいて、実はその逆もあるのではないかな。作品の懐の深さ。

    >「あ~わかるわかる」ってすぐ言う人、結構信用できないですよね。

    相手を一方的に褒めまくるの人も信用できない・・・。

  3. アクトヘアースタジオ
    2009年02月15日 日曜日 08時19分

    そういうのは「見て見ぬふり」が一番だよね!

    意見を書いた段階で、自分も「懐の狭い人」になっちゃいそうで・・・。(笑)

  4. しゅう
    2009年02月15日 日曜日 09時55分

    私の口癖は「判らないのは○○なんだよねぇ…」ですが、その方がもっと信用出来ないでしょ(笑)
    「僕も昔は…」という話がいらつくのは、きっと、「だからどうした!」なんだと思う。
    大抵、問題は「今目の前の問題」なわけで、「で、どうすんのよ?」ということに触れないから。
    私が信用出来ないのは「時間が解決する」指向のおち。大抵、時間が解決するのは時間の経過だけ。
    って、朝からくどいコメントしちまった(苦笑)

  5. 管理人
    2009年02月15日 日曜日 21時05分

    アクトヘアースタジオさん

    >意見を書いた段階で、自分も「懐の狭い人」になっちゃいそうで

    「自分は同類になりたくない」と思うと相手しないってことになっちゃうんですよね。相手がそれで気づいてくれると助かるのだけれど。

    しゅうさん

    >信用出来ないのは「時間が解決する」指向のおち。大抵、時間が解決するのは時間の経過だけ。

    ま、ただの放置だよね。ただ、それでどうにかなるなら、放置しとくのが一番だとも思うよ。

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.