古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

わかっているけど、やれない 書評:会社にお金が残らない本当の理由

先日社長から借りた二冊(脱★ドンブリ経営会社にお金が残らない本当の理由)のうちの二冊目を読んだ。

本当の理由とは何か。お金を残す方法は、社長なら誰でも知っていることだ。著者もまえがきにそう書いている。

知っているか、知らないか。それだけです。この本を読み終わったあなたは、「何だ、こんなことか!」と思うかもしれません。書いてあることはあまりにも当たり前のことだからです。しかし、多くの人がそのあたりまえのことを知らないのです。知っているつもりになっているだけで実はわかっていないのです。(会社にお金が残らない本当の理由 より)

けれど、私はこの本を読んで金が残らない本当の理由をこう解釈した。「実はわかっていない = やれない」。

消えて行く会社は「それを知っていても、やれない」。「経営者なら、やろうと思えば何でもやれるだろう」という向きもあるだろうが、私はそうは思っていない。経営者には「やれる経営者」と「やれない経営者」がいるのではないだろうか。

そして、ことが複雑になるのは、「やれない経営者」の会社が、必ずしもすぐに消えるとは限らないということだ。

社員という立場からすれば「脱★ドンブリ経営」から会社にお金が残らない本当の理由を考えた方がよさそうだ。けれど、将来社長を目指すならこっちの方がいいと思う。って私が言っても説得力ゼロでしょうけど。

この二冊で私が知り得たことは、「会社にお金を残すためには粗利を増やさなくてはならない」ということだ。そして、社員にできることはそれだけだ。

さて、どうしようか。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.