古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

余ったカレンダーをブックカバーにしてみる

新年明けましたね。今日は浦和・調神社調神社 へ初詣に行ってきた。おみくじは大吉だった。今年の運気はすでにピークを過ぎたようである。

さて、この時期扱いに困るのがカレンダーである。

まず数が多い。しようがないとは思うが、カレンダーはそんなに数いらないんだよね。私は特に壁掛けカレンダーはあまり利用しないタチなので気に入ったのが一つあればいい。

捨てにくい。取引先からいただいたカレンダーは名入りなので、捨てるときにそこが見えないようにしようと気を遣ってしまう。カレンダーは留め具のところが固いし、大きいものだと丸めるのにも苦労する。なまじ絵柄がきれいだったりすると、それだけで捨てるに忍びない。

そこでブックカバーにしてみるというのはどうだろうか。カレンダーは紙が厚いので結構向いている。昔やっていたのを思い出して、やってみた。

使ったのは会社でもらった小森コーポレーション小森コーポレーション のカレンダー。絵柄は横尾忠則横尾忠則 の原稿類をそのままカレンダーにしたものだ。カレンダーをもらってきた社長は絵柄が好みではなかったらしく「こんなのほしがるヤツいるのか?」と事務の人に言っていたようだが、ここに一人います。

カレンダーの鑑

カレンダーは何でもいいが、私は写真系よりはイラスト系の方が好みだ。絵柄がなくても、数字がデザインされたものなら十分使える。

本の高さに合わせて横長に切る

これは本の高さに合わせて切った状態。高さは測ってもいいし、メンドウなら本をカレンダーに当ててエンピツで印をつけてもいい。切るときはなるべく横に長く切っておく。というのは、袖の折り返しが長い方がカバーが外れにくくなるので、本をくるんでから切った方がいいからだ。

それから、気持ち絵柄が斜めになるように切るとオシャレだと思う。

出来上がり

本に合わせて折って、できあがり。付属のカバーは外して、作成したカレンダーカバーだけ使うといいでしょう。汚れても破れてもまったく気にならない。あまった部分で栞を作成するのもいいですね。

末筆ながら、今年もよろしくお願いします。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. アクトヘアースタジオ
    2009年01月01日 木曜日 22時22分

    あけましておめでとさ~ん!

    今年もヨロシク。

    ブックカバー、いいね~。

  2. 管理人
    2009年01月02日 金曜日 00時59分

    アクトヘアースタジオさん

    こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

  3. 黒猫屋
    2009年01月02日 金曜日 07時47分

    あけましておめでとうございます m(_ _)m

    自分なら・・・、上下3cmくらいずつ大きく作って折っておき、折り返した部分に本本体の表紙をはめ込んで、持ち運んでもずれないように、と作るでしょう。
    スタイリッシュじゃないですね。

    今年もよろしくお願いします

  4. 管理人
    2009年01月03日 土曜日 01時04分

    黒猫屋さん

    >本体の表紙をはめ込んで、持ち運んでもずれないように

    紙が薄いとそこまでやりやすいのですが、やはりカレンダーだけに厚さがね。個人的には包装紙でもいいと思います。薄手の包装紙なら、はめ込みもいいですね。

    今年もよろしくお願いします。

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.