古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

書名から検索出来るとなおいい BookReview

私は転職を契機にiPhoneを買った。それまでは会社が営業に支給してくれる携帯電話使っていたのだが、いかんせん会社のものなのでケータイ小説などを読むわけにもいかず、結果的にはあまりケータイのメリットというかオモシロさを享受していなかったように思う。

ケータイを買うことを考え始めてから私はiPhone以外はあまり検討しなかった。もともと通話はそれほどしないので、電話機能よりはインターネットを持ち運ぶことを考えていた。いまはiPhoneにして良かったと思っている。

実はこのブログにはiPhone専用表示をサポートするプラグイン「WPtouch」を入れてあるし、これからはiPhoneと本に関連する話題を扱いたいと思っている。ということで今日は「BookReview」をご紹介。

簡単に言えば、Amazonの書評を見る専用ブラウザみたいなもので、ISBN番号で検索できる。価格は無料である。スクリーンショットは数日前に読んだ「本は10冊同時に読め!」の検索結果である。

シンプルだけど、すごくいい。Safariを使っても同じことができるけど、専用のインターフェイスはやはり読みやすい。

よく「探書リストを作って持ち歩くべき」という意見を見かける。反対をするつもりはサラサラないが、私の経験からすると書店で必要なのは探書リストではなく、いま目の前にある本の情報、それも書評である。探書リストは家で見返すことの方が多い。

振り返ってみると、探書リストにある本は読みたい本ではあることに違いないが、さしせまって必要ではない。どうしても必要ならさっさと買うしかないのだ。「いつか見つかればいいな」という本が探書リストに入る。そしてそれを古本屋で見つけるとうれしくなるのだ。

本屋でいままで見たことがない本を見つける、しかし面白いという確信も持てないときがある。そんなときには書評が役に立つ。私はいままで「ネットで調べて、次に来たときにあれば買おう」と思った本がたくさんある。そして、そのうちのいくつかは買えなかった。しかし、このソフトウェアがあればその場で調べることができるような気がする。

できればISBNだけでなく、書名から検索出来るとなおいい。なぜか。店頭でピコピコやるのって、勇気がいるんだよね。ISBNは自慢じゃないが覚えられない。せめて近くの喫茶店に避難してゆっくり調べたいのだ。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. 黒猫屋
    2008年11月22日 土曜日 08時53分

    書店で本を開いてケータイをいじっていると「中身を写さないでください」と注意されたりしますが、外側だけなら大丈夫ですよ。
    タイトルや値段をメモする人はいますが、私は奥付や参考文献一覧のメモまでは許容範囲、と教わりました。

    でも、タイトル検索はヒットしない可能性があるのでたまにイライラするかも、です。
    データ入力する人のミスが散見され、なかなか修正されないから、です。
    気にせずISBN打ち込んじゃいましょう。(^_^)

  2. 管理人
    2008年11月22日 土曜日 23時23分

    黒猫屋さん

    >奥付や参考文献一覧のメモまでは許容範囲、と教わりました。

    やはりそこらへんの線引きがあるのですね。

    >気にせずISBN打ち込んじゃいましょう

    心強いお言葉ありがとうございます、お言葉に甘えることにします!

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.