古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

参考にならないと思った箇所を読む?読まない? 書評:フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術

自分でやる気もないのに速読の本を買ってしまった。「フォーカス」に惹かれたのだ。

「フォーカス」は訳せば「焦点」である。そこには「焦点を合わせない部分」があることを暗に示している。読む部分の取捨選択を思い浮かべたし、いままで見て来たような「ページ全体を写真で撮影するように・・・」というものとは違うものに見えた。速読の本でいままでこういう系統のタイトルは見たことがないように思う。

本書で得られるテクニックはビジネス書限定と思った方がいい。この読み方は文芸物には役に立たないと思うし、著者もそう考えているようだ。

本書では基本的な字を読む速度の向上を説いており、それは姿勢や呼吸法にまで及ぶ。

一方で本書には読書の速度を上げると理解度が下がるという前提がある。それを踏まえた上で内容をすくいあげる読み方も説いている。その本を読む目的と得たいリターンを明確にし、読んでいる部分の重要性を予測する。重要性が低いと思われるところは理解度を下げてもいいから速度を上げる。重要性が高ければ速度を落とし理解度を上げる。これが本書の目指すところの「フォーカス」である。

これらの二本立てで一冊の本を読み終える速度を上げるというものだ。

著者は「ビジネス速読術講座」を主宰している。あとがきに書いてあるのだが、いま著者が伝えたいことは速読のテクニックではなく読書の本質だそうだ。本書はその読書の本質を得るためのものという位置づけである。

私には読書についていままで気になっていることがある。「読んでもあまり参考にならないと思った箇所を読むべきか、読まないべきか」ということである。

私自身感じることなのだが、本を読んでいて参考になると思うところはすでに自分で理解しているのではないかということである。違うのは表現だけ。この場合私自身が感じているのは共感であり、悪く言えば自己満足である。「我が意を得たり!(ひざをポンッ)」ってのもなくはないが、あまりお目にかからない。これは自信になることはあっても、幅が広がるわけではない。勘違いしてしまうと、単に思い込みだけが強くなってしまう。

一方、視点が違うもの、考える過程が違うものは理解していることとしていないことの間にあって、すでに理解の範囲内でもそれは全体の一部分でしかないことになるので自分にとってはプラスになるとは思う。こういうのが読んでいて一番ラクだし楽しい。

自分が理解していないことを理解するキッカケを掴む、なかなか表現が難しいのであるが、そのためのテクニックは本書によれば「得たいリターンを明確にしたうえで、参考にならないと思ったところも読む、その代わり時間もかけない」となる。「アンテナ」と「受け皿」という本書内の単語も重要である。一方、テクニックではない意義の説明は「有名な読書の達人もそうしています」程度で終わっているように思える。

これだけなら評価は「普通」の「★★☆☆」で終わるのだが、そうはいかない。「最終講義 フォーカスの力を最大限引き出す読書術」は非常に参考になったことは付け加えておきたい。

オマケで小飼弾さんの読書の動画を。書評ブログとして有名な「404 Blog Not Found」の小飼弾さんは1冊10分くらいで読むそうである。動画で実際に読み始めるのは2分あたりから。雑談しながら読んでる・・・。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.