古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

言いたいことはもっと別のことではないだろうか

アメーバニュースに「月に20~30冊の本を読む人が読書する意味に悩む」という記事が出ている。もとになった匿名ダイアリー「本を読まない人間」も併せてどうぞ。

ポイントは「本を読まない人間を軽蔑していた。」というところではないかと思う。「読書=勉強」という図式がこの人にはあるのだろう。「勉強をしない人間を軽蔑していた。」なら理解できる人も多いと思う。私も耳が痛い。

読書は勉強だろうか。

勉強の一環として読書があるとは思うが、読書をしたから勉強になるとは思えない。勉強するということは目的があるはずだ。資格を取りたいとか、いまある技術をさらに向上させたいとか。目的があれば自ずと読む本は決まってくるし、その意義を自分で認識できると思う。そして人に「役に立っている」と答えることができるのではないだろうか。

ところが、読書が勉強だと思って「何か役に立ちそうだ」という気持ちで読書をするとそのうち何を勉強しているのかがわからなくなってくる。手段が目的となってしまう典型的な例だと思う。一方、手段が目的となることはよくある。それは趣味と呼ばれる。

勉強じゃなくて趣味なら問題ないでしょ。

今回の日記の主は、答えた「20〜30冊」という数量がつまるところ単なる自慢と思われたのではないだろうか。「月に5冊くらい」って答えていたら「そんな本読んでなんの役に立つの?」なんて聞かれなかったと思う。むしろ「オレは○冊くらい」なんて話になるのではないだろうか。

本を読む数量を減らすも良し、読書の質を見直すのも良いだろう。私はそれに加えて「役に立つの?」と聞いた友人のことを少し考えてみるべきではないかと思う。字面をそのまま受け止めるとすれば、誰かが前向きな気持ちでやっているであろうことについて「役に立つの?」と言う人が言いたいことはもっと別のことではないだろうか。私はそこには悪意しか感じない。そんなのオレだけか?

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.