古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

栞に付箋紙を貼ってみたが・・・

今日は地元で年に一度の歩行者天国イベントがあったので行ってきた。途中で買った肉屋さんのカツサンドがすごくおいしい。やっぱり肉屋さんの肉料理はおいしいように思う。

さて、以前このブログで本を読んでいると線を引いたり付箋を貼付けたりする余裕がないと書いた。しかしブログを定期的に書くようになって、気になった部分を後から探す手間が惜しくなってきている。

いろいろ考えて、栞に付箋を貼っておけば少しはマシになるかと思ってやってみた。東京国際ブックフェアのスペインのブースでもらった濃い緑色で少し厚手の栞に付箋紙を貼っておく。読書中気になったところに貼ってみることにした。意外と貼りやすいし付箋も何度か流用できるので結構気に入ってる。

これまた以前の記事で井上ひさしの「本の枕草子」を紹介したことがあるが、その中にも線を引く代わりにどうするかについての記述がある。

井上は不審紙(ふしんがみ)をたくさん必要とするので本に付いてくる出版案内やアンケート葉書を短冊に切って使ったり、封筒の角を切り落として帽子のようにページの角にかぶせたりもしたそうだ。そんなときにいわゆるノリ付きの付箋紙が発売され、喜んで5,000枚もまとめ買いしたとか。

図書館によっては貸し出した本にノリ付きの付箋紙を使わないようお願いしているところもある。本の保存という観点からするとノリはやはり良くないそうだ。結局は紙の栞が一番無難ということか。

一方、袋状の栞を特許として申請している人もいる。やはり栞の中に付箋紙を入れるのがその目的のようだ。

2つ折り栞
http://www.j-tokkyo.com/2005/B42D/JP2005-125725.shtml

皆さんいろいろとお悩みのようです。

私は栞に付箋紙を貼ってみて、読書中に本に付箋紙を貼りやすくなった。ところが・・・。あとで見返してみるとあまり重要ではないところに貼っているように思えるのだ。やっぱり付箋を貼る余裕があったところは後から見返すほどの価値はないようである。うーむ。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.