古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

盛岡の古書市に行ってきました 盛岡古書同人会・青空古書市

盛岡の古書市を目当てに一路盛岡へ。

途中、盛岡在住の親友Aと合流してAに薦められた「ちーたん」という店で盛岡じゃじゃ麺盛岡じゃじゃ麺 を食べた。店は広く子供連れでも大丈夫、駐車場も結構広いのでオススメだ。

じゃじゃ麺は不思議な食べ物だと思う。正直言うと「そんなにおいしいか?」と聞かれれば「じゃじゃ麺自体はそうでもない」と思うのだが、なぜか食べたくなってしまう。その魔力の中でも大きく影響しているのが鶏蛋湯(チータンタン)である。麺の茹で汁なのだが、じゃじゃ麺を食べた後に生卵と一緒に器に入れて混ぜて食べる。これがたまらなく好きだ。私はソバも好きだが、その理由の半分近くはソバ湯にある。だからソバ湯を出す店はそれだけで評価が高まる。

親友といいつつAとは2年振りだ。その間にヤツは出世していた。小学校から高校まで一緒だったが、同じなのはそれだけで、頭のデキが根本的に違うAはそのままストレートで旧六帝に進学し、私は仙台でAと同じ範囲をAより一年多く勉強したにも関わらず二流の私立大学に進学した。もう一つ同じことがあった。二人とも小さい頃ファミコンを買ってもらえなかった。友達の家でしかファミコンをやれない私たちは、ヘタだった。

盛岡古書同人会による青空古書市。

じゃじゃ麺を食べた後、私の家族とA夫婦で古本市に向う。会場についてビックリ。規模が小さい・・・。前日に岩手日報のウェブサイトで古本市の開催を知ったのだが、そこには「一万冊の古本が・・・」と書いてあった。一万冊ってそんなにかさ張らない、知らなかった。

それでもやっぱり古本はおもしろいでの同行してくれた皆をほったらかしていろいろ探した。結局この日買ったのは「文字の歴史」「チョコレートの博物誌」の二冊。

その後Aの家に遊びに行ったのだが、そこで私はWiiWii を初めてやった。すごいなあと思ったのは、コントローラーにあるモーションセンサーのおかげで、全く初めての私でもゲームによっては十分楽しめるということだ。ゲームのキャラクターを手元の3次元空間で動かせれば、これほど操作が楽かと思うくらい、操作がしやすい。モーションセンサーがなければボーリングやゴルフをやるときの人間の動きを2次元のカーソルキーで表現しなくてはならない。それでは操作が煩雑だし、第一それっぽくない。Wiiってすごいね。

昔ファミコンを買ってもらえなかった二人は25年近くも経って、テレビゲームを一緒にやっている。Aは手加減しているのかもしれないが、相変わらず二人ともヘタだった、けれど私は、その二人のヘタさ加減が心地よかった。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. 晋也
    2008年04月21日 月曜日 21時43分

    普段スーツ姿のbulbulさんしか見ることのない僕にとって、wiiをやってはしゃいでる姿を想像するだけで実にファンタスティック。

  2. 管理人
    2008年04月22日 火曜日 07時05分

    晋也さん

    人のイメージってあるよね。晋也さんが腹をかかえて転げ回って笑うというのを見たことがないので、いつかそういうファンタスティックを見てみたいです。

  3. […] 規模はそれほど大きくなくて、以前行った盛岡の古本市と同じくらいに見えた。チラシによると展示している本は4万冊とある。会場写真は本を写すために人が少ないところを撮影したの […]

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.