古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

薄いパネルで光を当てる読書用ライト 読書グッズ:LIGHTWEDGE

薄いパネルを通して頁に光を当てる読書灯を買ってみた。LIGHTWEDGEの公式ウェブサイトをご覧いただければどんなものかすぐ分かる。

買ったと言ってもオークションで1円で落札したものだ。落札したはいいが、定価が4,500円なのに落札価格が1円(送料別)とあまりに安いのでモノを見るまで不安だった。電池入れて動作確認をしたらちゃんと動いたので一安心。

実際に長期使用してみないとなんとも言えないが、とりあえずファーストインプレッションってことで。

さっそくだが、暗がりで使った様子を撮影してみた。

光が波紋のようになっているが、これは撮影上こうなったわけではなく実際にこんな感じだ。紙面からLIGHTWEDGEを少し離すと波紋が目立たなくなるが、静電気で紙面がくっつきやすいので微調整はちょっと面倒。波紋が気になる人はやめた方がいいように思う。明るさは2段階調節できるようになっている。電源は単4電池が4本必要で、公称では40時間保つことになっている。重さは気にならない程度。

新書サイズ用を買ったのだが、試しに新書よりも大きい本にあてがって見た。ようは版面の大きさがポイントになるので本の大きさはあまり気にならない。ただ、LIGHTWEDGEの縦幅よりも版面が長いと上下に動かさなくてはならず、これは面倒。横に動かすのはあまり気にならなかった。

また、しおりにもなるので、眠くなったらすぐに本を閉じることができそう。ライトそのものには裏表がないので、見開きで次の頁に移る時はLIGHTWEDGEそのものをページを捲るようにすれば良い。ただ、寝転がって本を上にして読むのには向いていない。

輸入品だが説明書はちゃんとした日本語になっている。輸入品独特の妙な日本語ではないのでご心配なく。

説明書には地図を見たりするアウトドアツールとしてもオススメと書いてある。試していないが、リバーサルフィルムを見るのにも使えるかもしれない。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.