古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

著者の思いをもっと書いてほしかった 書評:フリーペーパーの衝撃

もっと掘り下げて欲しかった。

著者はフリーペーパーについて丁寧に調査をしているのはよくわかる。けれど、第一線でフリーペーパーに接している人として、フリーペーパーと日本社会について自分が思うところをもっと書いてほしかった。

それに高校生や大学生がフリーペーパーを出していることに触れた章は余計な気がする。どの時代にも、時代を先取りする学生はいるのでは?いっぱしの大人が商売としてフリーペーパーをやるから衝撃なんだと思う。

フリーペーパーはテレビの紙版という指摘がある。基本的には広告料でまかない、各種情報を無料で流す。

フリーペーパーも傍目には同じに見える。どっちも仕事中に見れるわけではないし、それがなければ生活できないわけでもない。電波と紙であること以外にこれといった違いはないように思える。

いずれ、テレビと同じように人々に受け入れられるメディアになるのだろうか。R25はその域に達しているのかもしれないが、田舎にいると全然わかんない。私にとってR25は駅でもらうものではなく、郵便で送ってもらうものだから。

この本のなかで非常に印象に残ったのが以下のくだり。

(注:R25の編集長がR25の読者層を指して)読者の半数がM1層。一冊を三人が読むとすれば、約一〇万人のM1層に情報が伝わる。

一冊を三人が読む。私はそんな数え方したことがなかった。

誰かが読んで、それが誰かの手に渡り、さらにそれが誰かの手に渡ってようやく三人。雑誌の広告を考える時ってそんな風に考えるものなんでしょうか。確かに本の貸し借りはあるし、私もする。けど、読者数を数える時は1だと思っていた。

漠然とではあるが、ここにR25の自信をかいま見たような気がした。私の住む街にあるフリーペーパーは、同じものを手に取って読む人は複数かもしれないが、持って帰る人はいないように思う。せいぜい出張や旅行で来てる人ぐらいしか持っていかないのではなかろうか。

高校生のとき、教室に一冊の週刊ジャンプがあった。のべで数えたら何百人も読んだと思う。表紙はボロボロ、というかなくなっていたような気がするし、内容も覚えてしまっていた。なのに、なぜかまた誰かが読んでいる。誰も捨てない。あのジャンプに広告を載せていた企業はきっと売り上げが伸びたに違いない・・・、わけがない。広告なんて見てなかったよ。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.