古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

内容も良いが、装丁で男心が一杯食わされる 書評:秘画 御書物同心日記

すごく久しぶりに時代小説を読んだ。将軍家の書物を管理する新米役人とそのなじみの古本屋に起こる本にまつわる事件が計7話、初出は全て「小説現代」である。それぞれの話は謎めいていはいるがそれほどヒネッているわけでもないので分かりやすい。気軽に楽しめる一冊だと思う。

本書が読みやすいのには訳がある。というのも、ちょっと専門的な用語はそれとなく説明があるので読むときに途切れることがないのだ。ルビの振り方も読みやすさを重点においているような気がする。つまり安心して読むことができる。

ところが、ジャケットはあまり安心できない。帯に隠れてはいるが、いわゆる春画春画 があしらってあり、タイトルは「秘画」である。傍目にはエッチ、というよりはオヤジ的なエロい感じがする。

普段私はブログに書くまでは読んだ本を帯を取った状態で平置にしておくのだが、本書はわざわざ帯を掛けておいた。もちろん家内対策である。「そんなイヤラシイ本ではないんだよ。書物に関する小説なんだよ。」と無言の言い訳をしてみたのだが、果たして意図は通じているだろうか。しかし、それすら確認することもできないのか・・・。

けど、救いとなるはずの一筋の蜘蛛の糸である帯もちょっとアレなんだよね。「・・・・丈太郎は、極彩色の春画にうろたえる。」と書いてある。・・・もうちょっと家に置いておきやすい文言にしてくれると助かるのですが。

さて、ジャケットを取ってみると・・・、パタン。すぐに閉じて後ろに家内がいないかどうかキョロキョロするはめになる。まあ、それほどエッチなわけではないが、私としてはせいぜいジャケットを1色刷にした程度のものを想像していたのだ。全然違うじゃないかー!

いわゆる春画を見るときってこういう感じなんではなかろうか。こんなとこでリアルを追求しなくてもいいと思うぞ。装丁は南伸坊南伸坊 、さすがです、参りました。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.