古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

ああ、そう。じゃ、がんばってね。 書評:明けても暮れても本屋のホンネ

書店で店長を務める著者が出版業界紙「新文化」に連載したエッセイを纏めたものだ。

だいぶ前に読んだ本でも同じような印象を受けた。言っていることはわからなくもないのだが、読んでも「そうだよね」と相づちを打ちたくならない。「ああ、そう。じゃ、がんばってね。」と言うくらいが精一杯だ。

エッセイなんだから感じたことを素直に書くのは構わないと思う。けど、ここまで肌が合わないのは正直珍しいと思った。もしかしたら(私には分からないけど)書店業界の内情を知っていたらおもしろいのかな。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.