古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

絵が動くだけでこれほど楽しめる本はめずらしい 書評:GALLOP!

絵が動く。テレビや映画があるいまとなっては珍しくもないことなのだが、本書は絵が動いた瞬間「おー!」と声を上げること請け合いだ。

本社はらばQで知ったのだが、すぐに注文した。本の中で絵が動く様子は動画を見ていただきたい。実際に動かしてみたい方はこちらでどうぞ。右側にある黒の格子をマウスで左にゆっくりドラッグしてくださいね。

仕掛け絵本と言えば、いまならロバート・サブダが日本で一番メジャーだと思うが、本書の裏表紙には氏の寸評がある。やはり一言もらいたくもなるよな、これだけおもしろいと。

英語は子供向けの絵本なので読むのは簡単だが・・・、読まない。文章には目がいかないのだ。絵を何度も楽しんでからようやく文章を読み始めると言った感じである。手のこんだ造本の割には価格も$12.95と手頃なのもいい。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. tomohiro
    2008年08月02日 土曜日 11時40分

    これはおもしろい!!!
    トリック本というのか、視覚の不思議さで楽しめる本ですね。
    子供にも動く画像としてイメージしやすいところもグットです。

  2. 管理人
    2008年08月03日 日曜日 00時01分

    tomohiroさん

    >視覚の不思議さで楽しめる

    そうそう、素直に「えー、なんで?」と自分が理解出来ていないことを楽しめるんですよね。こういうのを童心に帰ると言うのでしょうか。

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.