古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

子供の頃、こんな楽しい思いでこれらの文章を読めただろうか 書評:教科書に載った小説

国語の時間は結構好きだった、4月だけ。というのは国語の教科書を読むのが好きで授業中、講義は聞かずに面白そうなところをひたすら読んでいた。けど、4月中に読み終えてしまうので、それから先は授業がまったくおもしろくない。ここで何回でも繰り返し読むような性格だと成績も伸びるのだろうが。

国語の教科書を読んで一度だけ具合(体調)が悪くなったことがある。野坂昭如野坂昭如 の「火垂るの墓火垂るの墓 」だ。独特の文体とリズム感が私にはまったく合わない、合わないのに読んでしまう。教科書に載るくらいだから大した量でもなかったはずなのに、読み終えた後キモチワルくなった。

結局、最初から最後まで読むのはムリだな、と、それ以来「火垂るの墓」は意図的に避けている。

本書は佐藤雅彦佐藤雅彦 が選んだ小説を集めたものだ。その小説には条件がある。タイトルからもわかる通り、教科書に掲載されていることが条件だ。

これはねー、おもしろいよ。それぞれが短いのでもちろん読むのに時間はかからないのだが、読んだ時間が短いと感じない。あきらかに時間を深く感じるのだ。私は小さい頃本に集中していると周りの音が聞こえなくなるタチだった。大人になるにつれ、その集中力は失われたが、いま思い返すと本書を読んでいる間は音が聞こえなかったような気がする。

せっかくなので、掲載されている小説のタイトルを紹介しよう。

  1. とんかつ(三浦哲郎)
  2. 出口入口(永井龍男)
  3. 絵本(松下竜一)
  4. ある夜(広津和郎)
  5. 少年の夏(吉村 昭)
  6. 形(菊地 寛)
  7. 良識派(安部公房)
  8. 父の列車(吉村 康)
  9. 竹生島の老僧、水練のこと(古今著門集)
  10. 蠅(横光利一)
  11. ベンチ(リヒター/上田真而子 訳)
  12. 雛(芥川龍之介)

佐藤はこれらを「誰かが、人が育つ過程に於いて通過させたかった小説」と表現する。

読みながら気がついたのだが、「形」と「蠅」だけ読んだことがある。それが教科書でなのかどうかはわからないが、クライマックスを憶えていた。

「とんかつ」はいいねえ、なんかこう子供の成長する早さが清々しい。「絵本」は泣けるよ、友情とは本来かくも厚いものか。「良識派」は笑える、最後の一文が特に。短編ばかりだが、自分の中にある様々な感情が吹き出してくる。笑ったり、泣いたり、怒ったり、突き放されたり。私が子供の頃、こんな楽しい思いでこれらの文章を読めたかどうかは自信がない。たぶんいまほどは深く感じることはなかったと思う。

私が子供の頃・・・、学校の授業はやりたい放題だった。毎授業、名簿順(なつかしい!)で作文を書き発表するのだが、皆競って大量に書き、作文の発表だけで授業時間をつぶすことに、また、笑いをとることに血道をあげていたし、教師をからかうこともした。作文は教師も楽しそうに聞いていたが、いまなら「ろくに授業をしていない」と問題になってたと思う。けど、それでもどうにかなった時代だった。

ふとそんなことまで思い出す。読んだ後、得した気分になる一冊だ。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.