古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

これでいいのか? 大宮古本市

ネットのニュースを見ていたら、大宮古本市というのが目に留まった。

東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市の古書店主が出店しているということでニュースになっている。

大宮古本市は初めて聞いたが、近所で古本市が開催されるのは大歓迎だ。「ま、私が知らないだけだろう」と、今日は別件で早く会社を出なければならないのをいいことに、行ってみることにした。

会場はそごう大宮店10階特設会場。開催期間は2011/07/01〜07/31、時間は10:00〜20:00。JR大宮駅前なので、すごく便利だ。

主催・三省堂書店、協力・スーパー源氏という組み合わせはめずらしいような気がする。平日遅くということもあって、空いていた。

本は棚ごとに見事に分野が別れていて、ザラっと見ただけで興味のある棚とそうでない棚が判別できる。そういう意味では便利なんだが、全体的に本の傾向がかなり偏っているように見えたし、そごうに来店する一般客向けの本ではないような気もした。また、ある棚には古本というよりは、売れ残りといった感じのキレイな文庫本に350円くらいの値札がついていた。

そもそもこの古本市、売る気が感じられない。

2011/07/04現在、そごう大宮店のウェブサイトにあるイベントカレンダーに古本市は掲載されていない。同じ建物の中にある書店にも「古本市開催中!」なんてポップも見つけられなかったし、そごう入口前のイベント一覧にも掲示が無い。エレベーター前にも掲示無し。

ウェブサイトのフロアガイドによると10階はペットショップしかないから、ペットか屋上に興味がなければ誰も足を運ばないような気がする。

これでいいのか?

ま、宣伝うんぬんはともかくとして、欲しい本は見つからなかった。いろんな意味で残念である。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.