古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

本棚も必要だよね 本棚プロジェクト 被災地に本棚を贈ろう!

この一言を読んで、思わずうなってしまった。

復旧が進み、学校・保育所・幼稚園などが再開していますが、 送られてきた本の置き場所という問題が出て来ました。多くの本はダンボール箱に入れられたまま並べられ ています。特に被災がひどかった施設では他の学校や施設に間借りしていますので、子ども達は狭い廊下に並べられているダンボール箱から本を選んで読んでいます。(こどもとあゆむネットワーク ウェブサイト より)

確かに、本を贈ることばかり考えていたが(贈ってないけど orz)、置き場所は必要だ。もちろん本そのものが最も大切ではあるが、食べ物があっても食器がなければ人間的な生活とは言えないのと同じだろう。

このプロジェクトでは二種類の本棚を用意している。廃棄物を減らす、という観点からの強化段ボール製の本棚と、しっかりした木製の本棚を選ぶことができる。どちらの本棚も一口15,000円(本棚+運搬代)の寄付で被災地へ届けられる。

2011年5月31日のブログで、強化段ボール製の本棚の見本ができあがったという記事が出ている。

本棚って言うと、がっしりしたものばかりを想像してしまうが、こういうニーズもあるということだ。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. […] 以前、紹介した東日本大震災の被災者向けプロジェクトで段ボール製の本棚を作った団体がある。これも良さそうだが市販はしていないみたい。 […]

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.