古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

多摩地区唯一の古書市 立川フロム古書市

今日は立川で開催中の立川フロム古書市へ。クルマで行ったのだが、渋滞のその他で2時間近くかかってしまった上に、会場を高島屋と勘違いしてしまった。出だしサイテー。

会場はJR立川駅前のフロム中武(ふろむ ちゅーぶ)4階にあるバッシュルームという催事会場。40坪くらいの会場にワゴンで本が並んでいる。

並んでいる本は文庫から写真集まで幅広く、誰が行っても興味のある本はいくらか見つけることが出来そう。

会場外のワゴンには絵本の隣にアダルトなラノベ(?)が並んでいた。ここらへんはちょっと考えた方がいいように思う。ウチの娘は「借金姉妹」みたいなタイトルが並んだワゴンの上で絵本を広げていた。 orz

それに、子供用の本のワゴンが外にしかないと、子供がそこに居座ってしまい親は会場に入れない。子供を目の届かないところに置いていく訳にはいかないからだ。

子供用の本は会場のどこからでも目につくところにあるといい。主催者が、積極的に「子供を見ます」と言う必要は全くないが、レジのそばなどにあってなんとなく見張ってくれていると助かる。親として心配なのはヒトサライだ。

それができないのであれば、せめて親なども見れるワゴンを子供用のワゴンの近くに用意して欲しい。

基本的設備は、トイレは階段の踊り場にあるし、冷暖房完備、屋内なので天候に左右されない、と古本市としては条件が良い。開催時間も午前10時~午後8時と比較的遅くまでやっているのもうれしい。

立川フロム古書市は多摩地区唯一の古書市らしく、年3回の開催を予定しているそうだ。ぜひとも続けて欲しい。

今日買ったのは1冊。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.