古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

予備バッテリーとしては弱い GR Digital III + エネループ単四

特にGR Digital III用に、ということでもないのだが、エネループを買ったので、GR Digital IIIで使ってみた。

子供の頃、じいさまが電池の充電器を持っていて、マンガン電池を充電して使っていた。そのせいもあって、私は長らく電池を充電するのは珍しいことではないと思っていたのだが、そうではないんですね。

だからか「充電できる電池」と言われても、それだけではあまり興味がわかず、使い捨てでもパワーのある電池を買ってきた。

震災の影響で電池を見直す

東北大震災の影響で近所の店頭から電池が姿を消した。私は買い置きがあったので別に困ることはなかったが、電池そのものを見直すことにした。

いまでも使い勝手とコストを考えると「エネループの方が絶対に得だ」と思っているわけではないのだが、エネループは「捨てる手間がない」。

使い捨ての電池は捨てるという手間がある。ゴミ箱にポイッというわけにはいかない。エコという視点からだと「再利用」という表現になるのだろうが、私から見ると「捨てる手間がない」ことの方が重要な気がした。

再利用できる電池として、エネループの他にPanasonic EVOLTASONY サイクルエナジーも検討したのだが、入手のし易さをとってエネループにした。どっかで電池が必要になって買い足すときは、できれば同じ電池にしたいから。

エネループでもいろいろある

エネループには安価で軽量化されたliteシリーズもあるのだが、容量が半分くらいのようなので却下。マウスに入れるならliteの方がいいような気がする。

エネループは電池とのセットがあってお得だが、充電器が複数あってわかりにくい。私は2倍速・3倍速ができる充電器(NC-TGR01)と単三4本のセットと、単四4本パックを買った。

そもそも3倍速では1本だけしか充電できないし、エネループは自然放電が少ないそうなので、あらかじめ充電しておけば2倍速・3倍速充電は必要なさそうな気がしたのでコンパクトな急速充電器(NC-TGR02)と単三2本のセットにしようかとも思ったのだが、目的地に行くまでの車中で追加充電することを考えて2倍速ができるものにした。

エネループをGR Digital IIIで使ってみる

入る(あたりまえか)けど、ちょっとキツイ。もうちょっと余裕があるといいのだが。それ以外は特に特徴らしきことはなかった。ただの電池だからこんなもんだろう。

さて、肝心の電池の持ちだが、あまり持たなかった。

買ったばかりのエネループをフル充電し、撮影はJPEG FINE3648、フラッシュなしで26コマ撮影後、Eye-Fiでデータを転送中にバッテリー切れとなった。使い方によるので、もうちょっと長く使える人もいるだろうし、もっと短い人もいるだろう。

その後、フル充電してGR Digital IIIにセット、一週間放置したらバッテリー表示は2/3くらいになっていた。数回電源を入れただけで撮影はしていないのにこれではちょっと困るなあ。

純正バッテリーはリチウムイオン、エネループはニッケル水素で、GR Digital IIIのマニュアル14頁に「ニッケル水素はバッテリー残量が正しく表示されない可能性がある」と書いてある。確かにオレンジになった後、緑に戻ってることがあったが、いずれにせよバッテリー切れまでの時間が短いことには変わりない。

もう少し使ってみるつもりだが、メインはもちろんのこと、予備として持ち歩くのにもエネループでは不安が残った。

ちなみに重さだが、家の計りで調べたら、専用バッテリーとエネループ単四2本の重量はほとんど同じで25g弱。体積はエネループが専用バッテリーの三分の二くらい。

GR Digital IIIの予備バッテリーとしては、エネループは弱いと思う。「無いよりはマシ」ってとこか。

・・・その他いろいろ調べてみるとエネループは周辺機器がたくさんあって面白い。ソーラー充電は効率悪そうだけいいなあ。こういうのもエネループの魅力なのだろう。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.