古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

もうちょっと別の切り口も欲しい 書評:読書する女

独り言ばかりの話にしか思えず、読んでいてあまり共感のわかない小説だった。これが翻訳のせいなのか、私の読書力のなさなのかはわからない。

やたらと「!(感嘆符)」が目につく。「!」が多くても気にならない文章もあるとは思うが、本書は悪い意味で目立つ。使い場所がズレてるんだと思う。共感を得られないのに「!」を使っても逆効果だろう。

・・・マリーは友人に勧められて朗読をして金を稼ぐことにし、新聞広告を出した。「若い女性がお宅にて本をお読み致します。文学書、ノンフィクション、その他何でも」

広告が効いたのか、複数の問い合わせが寄せられる。足の不自由な少年、ハンガリー出身の女伯爵、会社社長、女の子、老判事など様々な人たちから声がかかるのだが・・・

朗読を職業にして賃金を得ようとした女性の顛末記、とでもいいますか。発生する事件というか出来事も性的なものばかりで、もうちょっと別の切り口も欲しい。

まあ、あまりオススメしたくないので、これにて。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.