古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

本棚がすごい図書館みたいな住宅 Living Library: Marvelous Home with Multi-Story Bookcases

インテリアハック経由

壁一面が本棚の一軒家。写真を見れば、確かに公立図書館の支所に見える。

なんてカッコイイんだ・・・。

私も壁一面本棚に憧れている一人で、天井近くまである本棚を買ってはいるが、しょせん既製品。

いつか作り付けの壁一面本棚が欲しい、欲しい、欲しい、ほしーい!

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. 渡辺 潤
    2017年09月06日 水曜日 13時57分

    こんにちは。
    「グラシン紙」経由でお邪魔しました。

    もっとも私は本にカバー・包装・フィルム類は
    購入時を含めて一切かけませんが(笑)
    もっぱら料理に使います。

    さて、本題ですが
    私も幼少の頃より本の虫で
    ある程度物心ついた頃から
    作り付けの書架に憧れました。

    私はタバコはやりませんが、
    たまーに葉巻を楽しむ関係で
    保管と匂い移りの問題から
    葉巻保管庫+スモーカーズルームを
    半地下に作るのと同時に、
    地下に書架、1階に書斎という
    なんといいますか、土蔵部屋の
    様な物を自宅庭に作りました。

    しかし、今では後悔しています(苦笑)
    人間というのは本質的に
    飽きが来る生き物であり、
    また、これまた男性というのは
    コレクター気質を持つ生き物です。
    建てた当初は、2万冊の蔵書は
    すぐ6万冊になります。
    そういう物です(経験済み(笑))
    何より「スペースがある」という
    思いは、今まで「買っても
    スペースがなー」といいう
    心理的足枷が無くなると言う事で
    あります。

    結局、要不要に関わらず、
    コレクションは膨大化の一途を辿る
    ものであるのです。
    辛うじて、当初より2階が建て増し
    出来るような構造強度にしてありますが
    リフォーム・模様替えにおいて
    「作り付け」というのはやはり
    致命的に扱いにくい面があります。

    これは、専門家の意見を聞き
    どんなに、細心の注意と
    意趣を凝らしてみたところで
    結局は時間の問題であると
    私は確信するに至りました(笑)

    かといって、将来を鑑みて
    現必要スペースの2、3倍程度なら
    ともかく、5倍以上となると
    寒々しい倉庫の出来上がりと
    相成ります(苦笑)

    もっとも必要に応じて
    A館・B館・・・Z館と
    建てていけば良いという考え方も
    あるとは思いますが・・・

    余計なお世話ですよね・・・
    私もあの時、他人に何を言われようが
    決して建築を中止しなかったと
    思います。

    ですが、最後に
    1つだけ・・・

    それなりに建てると
    1万冊の書架付き書斎は
    別荘が持てます。
    2万冊のそれは
    郊外に家が買えます・・・
    よくお考えになった方が
    よろしいと思います(笑)

  2. 管理人
    2017年09月08日 金曜日 08時14分

    コメントありがとうございます。

    私が理想とするスペースをお持ちのようで、うらやましい限りです。やはりどんなに広いスペースをとってもいずれ埋まってしまうのですね、想像はしていましたが、経験者のお話は説得力が違いますね(笑

    いまも毎日、本を読んでいますが、静かに自分だけで過ごせる空間が欲しいです。本を置くスペースのほかに、本を読むスペースも欲しくて。

    もう、ないものねだりばっかりです(笑

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.