古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

大切な本を長く読むために 本の修理・修復リンク集

先日、ベットの下から祖父の本をつめたダンボール箱が出て来た。すっかり忘れていた。開けてみるとボロボロな本もある。

修理するのも一つかなと思い、ネットで調べてみると全体的に二つの系統があるように見える。一つは「とりあえず目の前の破損を修理する」、もう一つは「資料的価値を意識して修復する」。

ここだけ聞くと資料的価値うんぬんという方が良さそうに見えるが、そもそも代替品を手に入れるコストが低い本なら目の前の破損を修理できればいいわけで、対費用効果という観点からすればこちらの方が良い。

修理・修復の方針を意識しよう

目の前の破損を修理するなら粘着テープなどを多用して短時間で強度を上げるのが多く、資料的価値を意識するなら修復材料も吟味して原本に忠実に修復するのが多い。

この違いは意識した方が良さそう。図書館系のサイトで「自分でやってみよう」という類いのものは前者である。

まあ、どちらにするにせよ、いろいろ見てみるのが良いと思うので、以下にリンクをご紹介。専門業者の実例を見ると、ずいぶんキレイになるみたいでビックリだ。

民間の書籍修理・修復業者

図書館による情報

本の修理・修復キット

ご自分でやってみたい方は修理道具が一式そろっているキットはどうだろう。テープやボンド、ハサミなどの修理道具に加えて補修ガイドもついているようだ。修理テープみたいなものは一つずつ揃えると使い切れないほどの量になったりするから、本の修理セットは良さそうだ。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. @taniwataru
    2012年10月30日 火曜日 11時25分

    民間の書籍修理・修復業者と図書館による情報へのリンク。修理・修復キットの紹介。/大切な本を長く読むために【本の修理・修復リンク集】 marginalia.jp http://t.co/sFPsdUty

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.