古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

古本屋を開業したい方、必読です 古書店主が語る、ネット時代の古本ビジネス

すでに終了してしまったセミナーの話題で恐縮だが、日本の古本屋セミナー「古本屋開業1日講座」の取材記事があったのでご紹介。

「いつかは古本屋をやってみたい」いまだにそう思い続けている私はこのセミナーの開催を知ったとき「有給取ってでも行こう」そう思っていたのだが、日々慌ただしく、結局行けなかった。

amazonあたりで細々と始めようかとも思う今日この頃。

セミナーの主催は東京古書組合で、講師はよみた屋の澄田喜広氏。ウェブサイトの開催趣旨は・・・

古本屋開業1日講座では、現在、古書店を経営されている方、またはこれから古書店を開業したい方、開業する予定の方などに対して、東京古書組合がどのような活動をしているのか、また、古書組合に加入するメリットなどをご紹介致します。

さらに、現役の古書店主の経営手法として、商品の値付け方法や買い取りのノウハウなど、普段は決して人に教えることはないであろう興味深い話も聞けるチャンスです。ぜひ、この機会に東京古書組合が主催する-古本屋開業1日講座-にご参加してみてはいかがでしょうか。(東京古書組合ウェブサイト より)

セミナーの取材&まとめをしているのはBusiness Media 誠というサイト。ここはおもしろい記事が多いのでお薦めです。

具体的な数字がたくさん出て来て興味深い。詳細は記事を読んでいただくとして、私が印象に残った一文は以下だ。

本を探している人は専門店に集まります。では、専門店にはなぜ本が集まるのでしょうか? それは専門店は売り値が高いからです。買い値が高いからではありません。ここを間違えないでください。売り値が高いから本を長く置いておける。長く置くためには利益が多くなければならない。値段は高いけども目的の本を見つけることができる。それが専門店です。(Business Media 誠:古書店主が語る、ネット時代の古本ビジネス より)

なるほどねえ。私にはこういう考え方はなかったし、正に買値が高いからだと思っていた。

つまるところ「良い本を高く」を実現できるから専門店になれるってことですね。良い本を安くだしたらどんどん出て行くので店頭には何も残らない。

これは商売全般に言えることのように思うな。耳のイタイ話だ。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. […] 以前紹介した東京古書組合主催のセミナー「古本屋開業1日講座」で、講師を勤めたよみた屋・澄田喜広氏のサイト。昨年末に運用を開始したようだ。 古本屋経営入門http://zontop.blog103.fc […]

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.