古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト

ポイントを押さえたメール連絡がうれしい本の買取サービス ライブドアリサイクル

いろいろありまして、更新が滞っている。このブログのサーバーがやたらと重くなっていてサーバーを変更したりしているウチにあっという間に一ヶ月以上が過ぎてしまいました。

いろいろの中に本とCDの処分がある。もう読まなさそうな本と音楽のCDを全処分することにして整理していたら結構な量になってしまい「これ、近所のブックオフまで持っていくのはちょっとメンドウだな」ということで、ライブドアリサイクルに売ってみることにした。

事前準備

まず、段ボール箱を用意して、本とCDをつめる。ここで注意したいのが買い取りできないものを入れないということだ。商品買取基準に買取できないものが掲載されているのでそれを外す。私は辞書を入れてしまっていた。他にも注意事項には目を通しておく必要がある。査定金額が1万円を越える場合は身分証明書のコピーが必要だそうだ。

集荷の申し込み

ライブドアのアカウントを持っていなければ作成しなくてはならない。私は持っていなかったので作成し、集荷の日付を指定した。最短で三日後の指定、時間帯は「指定なし」「12:00~14:00」「14:00~17:00」「17:00~19:00」のどれかにする。私は「14:00~17:00」にした。

いろいろ記入して、最後にプリントアウトして段ボール箱に入れて封をする。プリンターがなければ手書きでもいいそうだ。

メールの連絡がイイ

申し込みをした後、申し込みを受け付けた旨のメールが来た。ちょっと話がそれるが、メールは買い取りが終了するまで都合6通来た。メールの連絡がポイントを押さえていて安心感がある。

メールのタイトルだけ並べてみると以下の通り。(最後の日付は私の追記)

  1. 【livedoorリサイクル】買取サービスお申込ありがとうございます! 09/25
  2. 【livedoorリサイクル】集荷を手配致しました! 10/01
  3. 【livedoorリサイクル】査定商品到着のご連絡 10/04
  4. 【livedoorリサイクル】査定結果ご確認のお願い 10/05
  5. 【livedoorリサイクル】査定結果のご確認ありがとうございました! 10/06
  6. 【livedoorリサイクル】お支払手続きを開始いたしました 10/06

集荷指定日の随分前に申し込んだので1通目と2通目に間があるが、それ以外は非常に早い。私としては2通目と3通目のポイントが高い。私の感覚からするとフツー(?)なら2通目はなさそうだし、3通目は4通目と一緒にしそうな気がするが、どうだろう。

査定の金額が一番気になっていたが、こういうところの応対も重要ですね。

集荷のちょっとしたトラブル

集荷の手配までは順調だったようだ・・・、が、集荷が予定時間までに来なかったヨ。 orz

17:30過ぎに近所の佐川急便に電話したら、単に担当者が勘違いしていたようだった。すぐに近所を回っていたらしい別の担当者が受け取りに来てくれたのだが、担当者が違うので集荷の伝票が無い。後でポストに入れておくとのことだったが、いまにして思うとこれはどうかと思うなあ。受け取り証がないと、問題が発生したらこっちはどうしていいのかまったくわかんないよね。

査定結果

さて、無事モノが届いたようで、査定結果が出た。

一冊ずつ金額が掲載されていて、それぞれ売るか売らないかを決めることができる。ただし、値段がつかなかったものが一緒くたになっていた。事前に売るものを全部控えておかないと値段がつかなかったのがどれだかわからないってことだ。私は控えていなかった、だってメンドウだもの。

売る側にとって何が0円だったのかは結構気になるところだし、送り返してもらうかどうかもモノがなんだかわかんないと判断のしようがないんだけどなあ。それに値段がつかなかったもののうち「アレだけ送り返して!」というのができなさそう。ま、そこまで要求するのはコクな気もするな。

査定の結果を見ると、最高額は定価3,360円の「CakePHPガイドブック」が247円だった。これは私が新刊で買って、書き込みなどは一切ないし程度で見れば結構良いと思うのだが、定価の7%。ちゃんと調べたわけではないが定価の10%を超えるものはないと思う。

傾向としては、新しいものほど高値というわけではなさそうだった。売った中では技術書系が高かった。古くてもキレイなら値段がついているし、キレイでも在庫が多そうなものは安いように見える。ま、なんの根拠もありませんけど。

ちなみに査定の結果はいつでもネットで確認できる。これはいいですね。

値段がつかなかったものは希望すれば送り返してもらえるが、返送料は別途800円〜1,800円で40冊以上20冊ごとに800円増。私は処分してもらいました。

売り払い確定後

結局57点で買い取り総額は4,341円。

買い取り金額の受け取りだが、私は銀行振込を希望したので、この後に銀行名や口座番号を入力して、手続きは全て終了となった。最後のメールが来たのが10/06で実際に入金があったのは10/08、振込手数料はライブドアリサイクルが負担してくれた。

今回初めてネットで買い取りを申し込んだが、正直ラクでイイ。私はクルマを持っていないのでもっていくだけで一苦労ですから。

クルマ欲しいなあ。

marginalia?

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

コメント / トラックバック

  1. […] ポイントを押さえたメール連絡がありがたい【体験談:ライブドアリサイクルに本を売ってみた】 […]

  2. […] 手順自体は以前利用したことがあるライブドアリサイクルの買取サービスと大差なかったのだが、集荷日の指定に差がある。ライブドアリサイクルが最短で3日後の指定であるのに対し、 […]

  3. […] ポイントを押さえたメール連絡がうれしい本の買取サービスライブドアリサイクル この他の "本を売る(買取)" の記事一覧 […]

ご意見など

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

このページの先頭へ
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・本の買取・読書グッズの情報サイト
読書占い
Copyrights © 2008-2017 marginalia.jp all rights reserved.