古本市・古書・本の買取・読書・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・古書・本の買取・読書・読書グッズの情報サイト

これほど会場が整っている古本市はあまりない 第55回 彩の国古本まつり

marginalia[まーじねりあ]について

古本や古本市、本の買取、読書グッズ、本棚・書棚などについて書いています。私は読書が好きだし、楽しいことだと思っています。皆さんにも読書のある生活を楽しんでもらいたいと思ってます。

管理人のプロフィール

今日は埼玉県所沢市の駅前、くすのきホール8階で開催中の第55回彩の国古本まつりへ行ってきた。

当初家族で行くつもりだったのだが、前夜は暑さのせいでほとんど眠れず具合が悪くなってしまい、急遽10:00から昼寝を敢行、起きたら14:00だった。そうしたら今度は入れ替わりで娘が昼寝に突入することになり、家内と娘を家に残して私一人で行くことに。

家を出たのが15:30。ところが・・・、

・・・バスが来ない、来ても混んでて遅れる、ようやく最寄り駅についたら20分も電車がない。武蔵浦和で武蔵野線に乗り換えて新秋津へ、そこから秋津へ歩いて、ようやく所沢についたら17:00。orz 

会場は20:00までだが、このあと家具屋で家族と待ち合わせをしているので18:30には所沢をでないといけないので90分しかない。

会場に入って驚いた。「広い・・・」

もっと早くくるべきだったと後悔したがあとの祭り。ま、確かにまつりではある。

今年の11月にも彩の国古本まつりがあるので今回はザラッと見るつもりで会場を回った。古本にはこれといった特徴はなく、ごくごくフツーの古本市である。数はあったなあ。

けどね、この古本市の特徴は会場がいいことだと思う。通路はかなり広くとってあってゆったりしている。屋内なので雨が降っても大丈夫、おまけに空調があって、トイレもキレイだった。会場の前にはロビーがあって、休める椅子とテーブルがあり、少し広めのエレベーターは1階から8階へ直通だ。くすのきホールは西武線の所沢駅東口の目の前、駅前にはファーストフードをはじめいろいろな店があって食事にも困らないと思う。反対側の西口には西武百貨店もある。

これほど会場が整っている古本市はあまりないよ。家族連れにもおすすめできます。ちなみに、次回、第56回 彩の国古本まつりは2010年11月3日〜8日までだそうです。

今回は自分の本を1冊、家内と娘に一冊ずつ買ったのだが、娘の絵本が一番高く、私のが一番安かった。

カムイチカプ

カムイチカプ

価格:1,575円(税込、送料別)

絵本で子育て

絵本で子育て

価格:1,575円(税込、送料別)

古書狩り

古書狩り

価格:1,680円(税込、送料別)

カムイチカプは北海道のアイヌの伝説の絵本で、手島圭三郎による表紙の絵を見て「イイなあ」と思ったので、ビニールに入っていて中が読めなかったにも関わらず即決だった。ま、内容も良かったです。

コメント / トラックバック

  1. [...] ・・・そういえば、今日から所沢でも古本市やってるんだよな。彩の国古本まつりは会場がいいのでまた行きたい。 この記事はいかがでしょうか 良い評価も悪い評価も大歓迎!この記 [...]

コメントいただけるとうれしいです

お名前
メールアドレス(公開されません)
ウェブサイト

トラックバックURL:

埼玉・東京の古本市予定表 読書占い
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ

古本・古書のブログをお探しならブログ村へどうぞ!

このページの先頭へ
古本市・古書・本の買取・読書・読書グッズの情報サイト marginalia.jp
古本市・古書・本の買取・読書・読書グッズの情報サイト
Copyrights © 2008-2014 marginalia.jp all rights reserved.